冷房病の症状って期間は?頭痛の対策や下痢の対処を知りたい!

生活の知恵

毎年夏の猛暑で、冷房は欠かせませんね。

ただ、会社や学校では部屋の席によっては寒すぎて冷房病の症状に苦しむ人が増えてます。

あなたももしかしたら冷房病の症状で悩んでいませんか?

冷房病とは薬などがあるわけでもなく、個人的には「夏バテ」や熱中症の一歩手前の症状と変わらないと思ってます。

頭痛やめまい、吐き気や下痢、腹痛と言ったところがよくある症状です。

アメリカの我が家も夏と言うかもう5月くらいからずーーーーーっとクーラーはつけっぱなしです(汗 一日中ですね。

日本とはクーラーの仕様上の違いがあるので比較は難しいところですが、我が家は私以外は全員暑がりってことで、彼らの快適温度に合わせて私は温め対策をしています。

アメリカに移住したころは、この効きすぎの冷房にはびっくりしたものですが、今は慣れて、むしろ快適です。^^

そういうわけで、私の冷房からの冷え対策も含めて、冷房病の典型的な症状である頭痛、めまい、吐き気などの症状をやわらげる方法や、クーラーや根本的なカラダの冷えから体を守る温め対策をいろいろご紹介していきます。

この夏、室内と外との気温差だけでもバテますので、少しでも体調を整えるお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク
  

冷房病の症状って期間はどのくらいで治まるもの?なんとかしたい!

冷房病ってこれって症状がひとつに限定せずに、いくつかの症状が順番にだったり、一気に襲ってくることもありますね。

ひどい頭痛は、めまい、吐き気が伴うことも多く、本当に辛いです(涙

原因は身体の冷えからきていて、それはあなたもわかっていると思います。

実は、冷房に関係なくそもそも冷えている場合も同じような症状になります。

なのでこの体の冷えが取れないと症状は治まらないと言えますね。

つまり、身体の冷えが収まれば、頭痛やめまい、吐き気の症状がラクになるってことですね。

期間は何をどれだけ対処したかによりますから、放っておいたらよくなりません(苦笑

対処すればその分早くラクになると言えます。

身体に水分が多すぎる場合がある
特に、東洋医学方面の話を参考にすると「水毒」という概念があるそうで、水分も過剰に摂りすぎると体の中にたまってしまって弱に害(病気)になるというわけです。
日本もアメリカも水分補給をしろって定説があるので、毎日飲みまくっている人もいるかと思いますが、私も実はこの1人でした。
水毒のせいで体が冷えていて、水分を排出しようとするために、下痢になったり、吐き気を催したりします。
リンパ液も水分が増えすぎるとバランスが取れなくなってめまいや頭痛に繋がってくるそうです。

これは理にかなった考え方だな~と思ったので、私も水を飲む量を減らしてみました。

もちろん、その分、別の飲み物を飲むように変えたわけですが、トイレの回数が増えて、飲んでもちゃんと排出するので今のところ冷え対策効果は続いているように思います。

そのやり方を含めて次章で冷房病の症状の対策についてお話していきますね。^^

冷房病で頭痛の対策を知りたい!めまいや吐き気もツライ・・・

まずは、症状が出てしまってツライ場合の私の対応をお話します。

外出先や会社、電車の中などで効果的な方法です。

私はめまいや吐き気がすると・・・

まずは塩飴や梅干し系の飴などで塩分補給をしてみる
特に梅干しが嫌いじゃない人は、梅味のタブレットや干し梅などは効果あります。

これで少しはラクになるんですが、この間に

首の後ろ側、首の付け根辺りを揉む(指圧する)
というのをやります。電車の中でも立っててもできます。
一時的な対処ですが、なんとか次の駅とか家に帰るまで、座れる場所につくまで凌げることもあります。

頭痛はそのめまいや吐き気の後にやってくる場合もあるし、頭痛が先に来る場合もあります。

頭痛はあまりひどくなる前に薬を服用するのも可
あまりひどくなってからでは効かないという説もありますが、個人差があるので一概には言えません。

スポンサードリンク

私の場合は、頭痛が最初に症状として出た場合には、葛根湯をまず服用します。それでも良くならない場合には、鎮痛剤を使いますが、ほぼ出番なく、葛根湯で間に合います。

水の代わりに飲むようにしているのが「生姜紅茶」です!
黒糖を入れて一日に何杯でも飲んでいいんですが、私の場合は日本のカップサイズだと4~6杯飲んでますねw
生姜は身体を温めます。
コーヒーも身体を冷やすので、大好物の人も朝1杯くらいにして、あとは生姜紅茶をおススメします。

冷房病で下痢の対処はどうしたらいい?お腹も痛いのでどうにかしたい!

会社や学校などでクーラーが直接当たってしまう場合などの対処法をまずはご紹介します。

首がつくところを温める
・大き目スカーフでガッツリ首をガードしましょう。
・足首もオフィスでサンダルとかありえませんw
 (靴下を履くレッグウォーマーをするなどして温めます。)
カーディガンを羽織るとか、仕事中はレギンスなどを履く
上記の首を温めるを行ってもなお寒い場合にやります。
何か羽織っても首を温めていないと寒いケースはよくあるので首の温めは必須です。
ヒートテックレギンスなど室内用に用意して行き帰りは脱いでいけるようにするといいでしょう。
暑がりの人のデスクには小さい扇風機を!
男性より女性の方が寒がりだし、暑がりの人の机には小さい扇風機をつけるなどしてもらうのも一つの解決策です。
室温は26℃以上だと冷房病にならない(夜もつけても大丈夫)
・27℃くらいで快適
・夜でもつける。快適に眠れることを優先する。
・「ドライ」モードはダメ。
・クーラーの風向きは平行か上方向

冷房病のそもそもの原因:冷え対策(家でできること)

半身浴
39℃くらいのお湯(温度を保てない場合は40℃くらいもOK)で腰まで浸かれるくらいにお湯を張って、20分程度浸かって温まる。
全身浴したい場合はその後に半身浴!
週に一回でもやるところからスタートして、少しずつ増やしていく。(冷えがヒドイ時は毎日でもやってよい)
体を温める食事をする

身体を温める食材や食事の方法を摂り入れています。和食が本当はいいですが、なかなかむずかしいのでできることをやってます。

・生姜紅茶
・にんじんりんごジュース
・具たくさんみそ汁
・根菜類をできるだけ(ゴボウやレンコン)
・玄米
・納豆

基本的には、石原結實(いしはらゆうみ)という東洋医学が専門の先生の本を参考にしています。

まとめ:冷房に強くはなれないので冷えにならない体づくりを!

いかがでしたでしょうか?

学校や会社だと、暑がりの人がいたり、場所がたまたま寒いだけで、同じ部屋の中にいても、逆に暑い人もいるような状況かと思います。

営業事務のような仕事だと、暑いところから帰ってくる営業マンの方のために我慢しなくてはいけない場合もあるかと思います。

それでもツライものはツライですよね(汗

なので自分の身体を冷えから守るということをまずはやっていただくといいと思います。

我が家は室温が24℃~25℃の設定でクーラーを夏の間中ずっとつけっぱなしです(汗
もちろん、家では、部屋でパソコンで仕事をするときは、じっとしていて冷えますので、私は靴下履いてます。
それ以外でも、長袖を必ず着ています。

そんな中、我が家の男たちは半袖、短パン、裸足で過ごしております(笑(そもそも体温が違うのですね!)

現代人、特に日本人は本当に体が冷えているようで、自分はそんなことはない!そんなに寒さを感じていなくても体温が低い人もいますので、まずは体温を測ってみましょう

冷えから体を守るということは、身体の場合は、血液の循環、代謝がよくなることがキーとなるようです。

そのための方法として、手っ取り早く始められるのは、生姜紅茶や半身浴です。

冷房病対策と言いながら、ダイエット効果もあったり他の症状までよくなるかもしれません。^^

できることからお試しくださいね。

スポンサードリンク

コメント

error: Content is protected !!